切削加工・プレス加工・NC旋盤加工・板金加工等の金属加工を大阪・東大阪の町工場ネットワークから全国発送いたします!

06-6713-6159

営業時間:9:00~17:30 (土日祝除く)
株式会社 阪井金属製作所
小ロット/短納期/特急品も承ります。

旋盤加工の手順について

2022年2月17日
旋盤加工の手順について

丸いものの加工に適している「旋盤加工」。
素材を回転させ、刃物を当てて削るため、精度の高い円形状の加工を得意としています。
そんな旋盤加工は、使用する切削工具によって、加工手順や出来上がる製品が異なります。

この記事では、4種類の旋盤加工の手順についてわかりやすくご紹介。
具体的に旋盤加工でどんな製品が作られているかについても見ていきましょう。

旋盤加工とは

旋盤加工とは

旋盤(せんばん)加工とは、金属などの削る素材を回転させ、そこに刃物を当てて削る加工方法です。使用する刃物は「切削工具」と呼ばれ、代表的なものには外径バイト、内径バイト、溝入れバイト、ネジ切りバイトがあります。その他にドリル、タップ、ダイスなどを用いて穴をあけたり、ねじ穴を補正したりしています。

旋盤加工は素材を回転させた状態で削るので、基本的に丸いものの加工に対応し、精度の高い円形状の加工が可能になります。円形状の部品や、回転するエネルギーを伝えるためのシャフト(軸)部品の加工に適しています。

なお、素材を固定した状態で、刃物を動かして削る「フライス加工」については下記の記事にまとめています。

旋盤加工で作られる製品

旋盤加工で作られる製品

旋盤加工はどんな製品が作られるのか、くわしく見ていきましょう。

旋盤加工はシャフトなどの円筒形状の部品加工に適しており、精度の高い真円度が求められる加工に多く使用されています。たとえば自動車部品から工業製品まで、身の回りにあるさまざまな場所で使用されています。

また旋盤加工は、製品どうしの隙間を少なくして繋ぐ「圧入」するための、穴と軸がはまり合う際に許容差を示す「はめあい公差」加工に用いられることも。その中でも、回転するものの軸を支える「ベアリング」を圧入するための部品は旋盤加工の得意な分野といえるでしょう。

旋盤加工では、0.001mm単位での精密な加工ができるのが大きな特徴です。そのため端と内外径の直角度の精度を出す加工や、加工時の表面の状態をあらわす面粗度が管理しやすくなります。この点に関しては、素材を固定し刃物を当てるフライス加工より優れているといえます。

旋盤加工の手順!4つの加工について紹介

旋盤加工の手順!4つの加工について紹介

旋盤加工では、加工する面や素材によって使用する切削工具が異なります。
ここでは代表的な4つの旋盤加工の手順についてまとめました。

外径加工の手順

外径加工は、素材の外側に工具を当てる加工で、表面をなめらかにしたり、形成時に使用したりするなど、広く使用されています。外径加工によって製品の大きさが変わるため緻密な計画を立てて作業を行うことが大切です。

  1. 加工物の取り付け
  2. 外径バイトの取り付け
  3. 外径バイトを外径寸法位置に移動
  4. 素材を回転させる
  5. 外径バイトを深さ方向に動かしながら削る
  6. 外径バイトを素材から離す

内径加工の手順

内径加工は、刃物によって素材の真ん中から削る加工方法です。円形状のものの内側部分を削るため、穴あけ加工を行った後など、素材に穴をあけてから加工します。

  1. 加工物の取り付け
  2. 内径バイトを取り付け
  3. 内径バイトを内径寸法位置に移動
  4. 素材を回転させる
  5. 内径バイトを深さ方向に動かしながら削る
  6. 内径バイトを素材から離す

穴あけ加工の手順

穴あけ加工では、ドリルの種類によって大小さまざまな穴が開けられます。加工時は、素材の内部やドリルの溝に切りくずが溜まらなようにこまめに除去することが必要です。

  1. ドリルを取り付け
  2. ドリルを素材の手前に移動
  3. 素材を回転させる
  4. ドリルを深さ方向に動かしながら削る
  5. ドリルを素材から離す

突切り(つっきり)加工の手順

突切り加工は、溝入れ工具を使用し、素材の加工部分を完全に切り落とす加工方法ですが、素材に溝だけを入れる加工を施すこともあります。

  1. 突切りバイトを取り付け
  2. 突切りバイトを素材外径の当たらない位置で深さ方向の突切り寸法位置に移動
  3. 素材を回転させる(高回転はワークが飛ぶのでNG)
  4. 油をさし突切りバイトを外径から内径方向動かしながら削る
  5. 突切りバイトを素材から離す

金属加工のさまざまな悩みや問題を解決

金属加工のさまざまな悩みや問題を解決

私達は愛と誠実のモノづくりサポーターです

阪井金属製作所ではご用途に応じてさまざまな金属加工提案を行い、経験豊富なスタッフがお客様に寄り添いながらモノづくりでのお悩みやお困り事を解決いたします。

金属加工から試作、デザイン、設計、製作(組み立て)まで幅広く対応。海外調達でのコストダウンや100社以上と連携する町工場ネットワークによる業務の効率化の提案など、金属加工でのお悩み事をご相談いただけます。

また、日本のモノづくりを守っていくためにも、モノづくり企業の業績回復や事業承継などのアドバイスも行っています。事業でお悩みがある方は、ぜひ一度ご相談ください。

お問い合わせ・見積依頼について

HP内にある問い合わせフォームもしくはお電話、FAX、メールにて承っています。

ご質問やご相談もお気軽にご連絡ください。
zoomなどによるオンラインミーティング対応可能です。

←前のコラム 2022年2月10日
2022年2月24日 次のコラム→
高精度切削加工なのに海外調達なのに中国・ベトナム調達なのに良品率99.9966%

お問い合わせフォーム、お電話、FAX、メールにて承っております。まずはお気軽にご相談ください。

金属加工工場の様子

株式会社阪井金属製作所

大阪市阿倍野区天王寺町北2-20-5

業務拡大につき人材を求めております。笑顔あふれる楽しい職場です! 私たちと一緒にはたらきませんか?

代表取締役 阪井博史

ご訪問頂きありがとうございます。お気軽にご連絡下さい。

阪井社長動画初登場!

⼥性が活躍し続けられる組織づくりや仕事と生活の両⽴⽀援等について積極的に推進する企業として認定を受けました。