株式会社 阪井金属製作所

業績回復や事業承継のお悩みはお任せください。

06-6713-6159

受付時間 9:00~17:30 (土日祝除く)

コロナ融資も落ち着けば、
債務超過の会社がニューマネーを得ることは厳しいと言われております。 
新型コロナによる逆風が続く中、会社経営者の皆様は

こんな悩みを
お持ちではないでしょうか?

経営の立て直し相談
経営が全く上手くいかない!

経営理念には自信があるのに… 何故だろう? どこか良い経営コンサルティングのできる会社はないだろうか?

事業継続、事業再生の相談
事業継続をしたい!

補助金や給付金について、リスクも含めてもっと詳しく知りたい。
どこか実績のある会社はないだろうか?
 

事業継承の相談
事業承継をしたい!

調べてみたらM&A、税制、引継ぎ補助金、株式譲渡等々… 何からすればいいのか分からない。最適なマッチングを提案してくれる会社はないだろうか?

事業譲渡、M&Aの相談
事業譲渡をしたい!

でも会社分割のやり方、株主総会や従業員への対応、 債権者保護、契約書の書き方等々… 経験が無くて手続きが何も分からない。どこか良いアドバイスをしてくれる会社はないだろうか?

債務超過の相談
資金繰りが苦しい

そもそも資金繰りとキャッシュフローの意味さえ曖昧なんだ。ずっと指標が見出せない。どうせ返せないなら、潰す方が良いのだろうか?

再生支援、企業再生、事業再生の相談
コンサルタントを探したい

コンサルティングに詳しい会社を探したいが、こんな会社は誰も興味がないだろう。何度考えても八方塞がりで、どうしたらいいのか分からないんだ…

なぜ、阪井がこの事業をするのか?

実は私も、まったく同じ境遇でした。 
しかし我々は債務超過を解消して立ち直り、コロナ禍の中で業績を取り戻してきています。 

  • 今まで汗水流して働いてきた先輩経営者の人生のゴールを、後輩経営者としてお手伝いしたい!
  • 今まで培われてきた技術を倒産、閉鎖などで失わせたくない!
  • 共に働かれている社員さんに良いゴールを作りたい!

こういった思いを胸に赤字の状態から貸借対照表(バランスシート)の見直しをして、純資産マイナスを避けるために全身全霊で改善を続けました。 

これらの経験を基に会社のゴールを見直し、それに対して何をすれば良いのかがはっきりと分かるようになりました。
私達はその方法を具体的にお伝えできます。

現実に債務超過を回収できず上場廃止を余儀なくされ、悔しい思いをした経営者様も国内に沢山いらっしゃいます。 

具体的な解決策 

今までの実績を紹介します。
知っているか知っていないかで
大きく分かれる実例です。

具体例1

某信用金庫から年利3.6%の保証協会付き借り入れをしていました。3年間で約230万円もの利息を払っていました。しかも某信用金庫はノーリスクです。 

「金利を下げてください!」と伝えると、「こんな赤字の決算書でですか?」と冷たい反応でした。 

粘り強く交渉した結果、年利1.3%に引き下げ支払い利息は約79万円と大幅に減少しました! でも、そんなに必死に勉強したわけではありません。知識を得て行動しただけなんです。 

具体例2

無保証での融資を交渉しました。
でもメインバンクの反応は冷たく
「まだ債務超過でしょ、阪井さん」 

その後1年間様々な取引銀行に通い、とある銀行が無保証融資を実行してくれました。そのことをメインバンクに伝えると右にならえで、「分かりました。無保証で融資します」との返事でした。 

つまり銀行って基準は無いんです。そのまま調子に乗って保証協会枠を外して、全部プロパーにすることができました

具体例3

メインバンクに当座貸越の枠を開いて欲しいと交渉しました。でもメインバンクの反応は「さすがに無理です」 

その後、商工中金と某信金と交渉し「やります」との返事をもらいました。するとメインバンクは「うちもやります」とのこと! 

つまり銀行は交渉したもん勝ちであって、審査の基準はあるようで無いことが経験として分かりました。最終的には毎月の返済額も減らすことができ、事業継承も上手く進みました。 

具体例4

食品加工業の経営者様からご相談がありました。コロナ以前から業況が悪く、子供たちも継ぎたくないとのお話でした。後継ぎも無い、キャッシュも無いの無い無い状況。 

「借金も3億円あり、返済の見通しが立たないのです。どの様なゴールを目指せば良いのか分かりません」とご相談がありました。 

具体的な解決策として自宅の所有権を変更しました。更に借金減額や元金のみの返済などの検討をした後に、銀行には債務を返せない旨を伝えました。この時点で会社を休眠させることが最善と判断し、実行しました。 

結果としてご相談された社長様は、奥様と一緒に黒字化していた別事業に専念することが出来ました。新しいゴール設定を作り直し、現在は新しい未来を創り出しています。 

企業の業績回復や、事業承継するためには
今何をすべきなのか?
具体的な方法を一緒に考えましょう。

あきらめる前にご相談ください! 

無料相談のお申し込み

お電話でのお申し込みはこちら

06-6713-6159

zoomなどのビデオ会議でもご相談いただけます。まずはお問い合わせください。

新型コロナウイルス感染予防対策としまして出勤者を抑制し一部の業務をテレワーク(在宅勤務)で実施しております。
社内は最小人数での営業のため、現在 電話対応が大変厳しい状況です。
誠に勝手ながら、急を要する場合を除いては出来る限りメールでのご連絡をお願いいたします

経営理念

日本はモノづくりの国です。これからも、日本のモノづくりを守っていきたいです。

条件

現在、相談案件が増えているため月3社までのご相談となります。 

  • 本気で会社を立て直したい!と考えておられる経営者の方限定になります。 
  • 安易なリストラや仕入れ先への未払いはしないこと。
  • アドバイスを実行に移せる方。

費用

初回の相談(45分間)は無料です。 
コンサルティング費用は月額5万円からとなります。(業況によって相談可) 

担当者の紹介

柴口敏一

柴口敏一 

  • 某地方銀行の支店長、管理部(回収)を歴任。その後、金融庁回収実働部隊の責任者に就任。その経験を活かして、企業再生コンサルタントとして20年の経歴を持ちます。 
  • 再生企業数は2000社を超え、自己破産や民事再生をせずに企業再生を行ってきました。
阪井博史

阪井博史 

  • 株式会社阪井金属製作所 三代目経営者 
  • 債務超過の会社を引継ぎ、金無し、コネ無し、利益無しの状態から柴口氏の指導を忠実に実行し3年後に黒字化達成! 
  • 企業経営者の観点から銀行との付き合い、金利交渉からマーケティングまでアドバイスすることができます。

状況はどんなに厳しくても構いません。
真剣に取り組んで業況を本気で回復させたいと考えられているかどうかです。 

経営者のあなたにできることは、
まだまだあります。

国内外が厳しい状況にある中で、
業績回復している企業は実際にあります。

諦めずに今の内から手を打つことです。 

ご相談・お問い合わせフォーム

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。
zoomなどのビデオ会議でもご相談いただけます。まずはお問い合わせください。

例:山田商事株式会社
※企業団体の方は名称を、個人の方は「個人」とご記入ください。

必須

例:山田太郎

必須

例:xxxxx@xyz.jp
※半角でお願いします。

必須

※確認のためにもう一度入力してください。

必須

例:03-1234-5678
※半角でお願いします。
※ハイフンを入力してください。

必須

内容をご確認の上、よろしければ上記ボタンをクリックして下さい。
(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4~5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします)

会社概要

会社名 株式会社 阪井金属製作所
代表者 代表取締役社長 阪井 博史
住所 〒545-0001
大阪府大阪市阿倍野区天王寺町北2-20-5
電話番号 06-6713-6159