切削加工・プレス加工・NC旋盤加工・板金加工等の金属加工を大阪・東大阪の町工場ネットワークから全国発送いたします!

06-6713-6159

営業時間:9:00~17:30 (土日祝除く)
株式会社 阪井金属製作所
小ロット/短納期/特急品も承ります。

コストダウンのコツ

弊社に依頼が一番多いのはコストダウンの案件です。
金属加工製品のコストダウンのコツを簡単にお伝えしたいと思います。


外注先を変える

メリット

  • 買い手市場なだけにコストダウンに繋がるケースは多い。

デメリット

  • 非常に古い案件の場合、材料高で合わない場合がある。
  • プレス加工品、樹脂成型品など金型が必要な製品の場合、従来の依頼先から移管する場合にトラブルになる可能性がある。

ロットを変える

メリット

  • ロットを増やす事によって原材料費を下げられる。
  • ロットを減らす事によって諸経費負担が減らせる場合がある。

デメリット

  • ロットを増やせば諸経費負担が増え、減らせば原材料費、コストメリットが減る。

VA案で無駄をなくす

メリット

  • 買い手の価格的負担が比較的少なくコストダウンが出来る。

デメリット

  • 製品そのもののを見直すために長期に渡る場合がある。

海外調達・輸入品

メリット

  • 品質が見合えば大幅なコストダウンに繋がる場合がある。
  • 金型等のイニシャルコストの負担が少ない。

デメリット

  • 短納期、小ロットの場合は不向き。
円高を有効利用した海外調達は非常にメリットのあるコストダウン方法

コストダウンの案件は、比較的古くからの案件も多く、国内調達では非常に厳しい価格帯が多いのが現状です。ロットも立ち上がり当初より少なくなっている場合も多く、VA案は既に実施している場合も多くお聞きします。

現状は円高のため、ロットをまとめれば輸入品、海外調達は非常にメリットのあるコストダウンの方法だと思われます。近年、品質も高まっており各国工場も、もの作りに対する意欲は非常に高くレベルも向上してきております。

完成品を国内で生産しつづけるには、円高を有効に利用した海外調達は非常にメリットのあるコストダウンの方法でしょう。

高精度切削加工なのに、海外調達なのに、中国・ベトナム調達なのに、良品率99.972%

お問い合わせフォーム、お電話、FAX、メールにて承っております。まずはお気軽にご相談ください。

業務拡大につき人材を求めております。笑顔あふれる楽しい職場です! 私たちと一緒にはたらきませんか?

⼥性が活躍し続けられる組織づくりや仕事と生活の両⽴⽀援等について積極的に推進する企業として認定を受けました。

sakaikinzoku_bon.jpg

代表取締役 阪井 博史

ご訪問頂きありがとうございます。お気軽にご連絡下さい。代表者のブログです。

株式会社阪井金属製作所

〒545-0001 大阪市阿倍野区天王寺町北2-20-5

ページトップに戻る
パソコン|モバイル